不動産物件を探すときに意識したいポイントや注意点

部屋を探している方へ

自分が住むためであったり、投資物件としてなど不動産を探している理由はさまざまですが、どちらにしても物件選びはとても重要です。なので、ここからは物件選びで重要なポイントを解説していきます。

物件選びで重視するポイント

携帯の電波が入るか

都心であれば問題ないと思いますが、少し市街地へ行くと意外に電波の通りにくい場所があります。また、大きい建物のそばでは電波が通りにくい傾向にあると言われています。そういった物件を選んでしまうと、スマホのネットサーフィンや通話が快適にできない可能性があります。

カビが生えていないか確認する

ほとんどの場合カビは掃除で拭きとられてしまいます。ですが、クローゼットの中は意外と見落とされてしまいがちです。他にも押し入れや洗面所などの収納スペースもよく確認しておきましょう。また、カビはその物件の湿度が高くなりやすいということでもあります。

下の階がお店

アパートやマンションなどの一階がテナントになっているのはよくあることです。ですが、夜でも空いているコンビニや居酒屋が入っている場合は、要注意です。夜眠ろうとしても下が騒がしくて眠れないという事態に陥ってしまいます。

アンペア数

意外と見落とされるのがこのアンペア数です。アンペア数は、部屋で使える電力の大きさを表していますが、15Aの物件をたまに見かけます。それでは、アンペア数が低すぎて、頻繁にブレーカーが落ちてしまうでしょう。そうならないためには、高いアンペア数の物件を探しましょう。最低でも20Aは欲しいです。

不動産物件を探すときに意識したいポイントや注意点

女の人

建物の構造を知ろう

建物には、さまざまな構造があります。中でも有名なのは、木造や鉄筋コンクリート造ではないでしょうか。実はその他にも3つの建物構造があります。軽量鉄骨造と重量鉄骨造と鉄筋鉄骨コンクリート造になります。コンクリートを使用する構造は、とても防音性能が高いという特徴があります。

鉄筋コンクリートと鉄筋鉄骨コンクリートの違い

鉄筋コンクリートは、柱や床、壁が鉄筋コンクリートでできているので、さまざまな振動を他の場所へ伝えにくくなっています。鉄筋鉄骨コンクリートは、柱などの鉄骨の周りに鉄筋コンクリートを利用した物件のことを指しています。鉄筋に加えて鉄骨を使用するので、耐久性が高く、大規模な建物によく使われている構造です。

鉄筋はお金が掛かる

とてもメリットの多い鉄筋コンクリート造ですが、構造に取り入れるためには、少しお金が掛かってしまいます。なので、木造に比べると少し賃料などが高い傾向にあります。その分耐久性や防音性能に優れています。なので、木造のマンション売却をして鉄筋に乗り換える方が増えてきています。

複数の不動産屋を利用しよう

枚方で鉄筋コンクリート造の不動産物件を探そうとした時に、不動産屋を利用すると思います。その時に、複数の不動産屋を利用することをおすすめします。ひとつの不動産屋を利用していると、どうしても情報量が少ない上に、偏りが出てしまいます。それを避けるために複数の不動産屋で物件を探すようにしましょう。

不動産屋を活用しよう

不動産屋は、相談するだけなら無料です。なので、たくさん不動産屋を利用して、いい物件を見つけるようにしましょう。

広告募集中