マンション購入前に確認したいこと

マンションはとても大きな買い物になるので、購入する前に契約や手続きについて詳しく知る必要があります。任意売却という言葉を聞いたことがありますか?任意売却とは、購入した時のローンなどが払えなくなってしまった時にマンションを売ることですが、通常の不動産取引とどう違うのか比較していきたいと思います。

任意売却と通常の取引の違い

通常の取引

マンションをオークションなどに出しますが、値段が安定しません。市場価格の半額~7割ほどの値段でしか買取されないでしょう。入るお金は少ないですが、物件の債権者の同意がなくても売却することが可能です。

任意売却

任意売却は、市場価格に近い金額で取り引きすることが可能です。また、ローンが払えなくなって売却したなどの情報がいっさい出回らないので、プライバシーを守ることが可能です。取引する時には債権者の同意が必要になります。

行き詰った時は任意売却がおすすめ

通常の取引で行われる競売に比べると、とても市場価格に近い金額で売却することが可能です。なので、残ったローンの足しになるでしょう。上手くいけば全てのローンを払うことができるかもしれません。

任意売却の流れ

不動産査定・相談

不動産がどのくらいの価格で売れるのか査定してもらいます。業者によっては不適正な査定を行うこともあるので、複数の業者に見積もりをとってもらいましょう。そうすることで、広い視野を持つことができます。その後、所有者の代理人として専任媒介契約を結ぶことになりますが、これは調査や交渉をおこなうためのものです。

交渉

債権者に交渉を行います。もちろん契約を結んだ業者が行うので、依頼者は基本的に何もしなくて大丈夫です。この時に債権者が複数いる場合には、その配分も考えて行ってくれます。この配分が業者の上での見せ所といってもいいでしょう。この債権者の同意を得られない限り先に進むことはできません。

売却活動

債権者からの同意を得られたら、次は物件を売り込む作業に入ります。購入希望者が見つかれば、そのまま契約を結びます。そして、物件から引越しをして引き渡しを行います。これで、任意売却の流れは終了となります。

[PR]
名古屋で任意売却を進めよう
優良業者を事前にcheck♪

任意売却で不動産を売る時の流れやメリットについて知りましょう

男性と女性

マンションの購入は計画的に

東京や湘南には魅力的な物件がたくさんありますが、マンションを購入しても、ローンが払えなくなってしまえば損しかしません。なので、購入する時にはホントに支払いを完了することが可能なのかよく考えましょう。もしローンを払いきる自信がないなら、中古マンションを視野に入れるのもいいでしょう。

リノベーションが流行っている

綺麗な状態で、マンションを購入したいのであれば、中古マンションをリノベーションした方が、新築を購入するよりお得になります。最近古いマンションを購入してリノベーションを施すという流れが流行っています。新築物件にはどうしても付加価値的価格が付きやすいので、購入するのに向いていない物件が多いです。その点中古マンションは安いのでお得です。

マンション購入時は無理のないように

マンションを住む目的でも貸し出す目的でも、自分の収入とのバランスを考えないといけません。ローンが支払えなくなるとこれまで払ってきたお金が水の泡になることもあるので気を付けましょう。

広告募集中